ワキガ 対策

ワキガ対策に使ったデオドラントをご紹介!ワキガ対策の参考にして頂ければ幸いです。
MENU

ワキガ対策に使ったデオドラント

ワキガ薬

 

20歳の時に自分のワキガに気づいてから、いろんなデオドラントを試しました。まずはスプレータイプのもの。石鹸の香りがするものを選びました。清潔感がある自然な香りが気に入って使っていました。スプレーしたその時はいいのですが、私には効果が薄かったみたいで、汗のにおいは抑えられているような気がしましたが、ワキガ独特のあのにおいは消えませんでした。メーカーを変えていろいろ試しましたが、香り付きのスプレータイプは自分には合わなかったようです。スプレータイプの中でも無香料の"Agデオ24"はサラサラ感があって効果が出ている気がしました。いったんスプレータイプをやめて、固形タイプの物も使ってみました。なんとなく固形タイプの方がスプレータイプのものより強力なのではと勝手な思い込みをしていました。無香料タイプの物を選んで使っていました。固形ですが脇塗った後でも、塗った感覚がないので、気にせず普通に過ごせるのが良かったです。なんとなくですが、ワキガのにおいが抑えられている時間が長く感じました。塗る量も微量だったので、減りが遅くコストパフォーマンスもいいように感じました。スプレータイプより少し値段は高いものが多いかなという気はしました。

 

サントリーのデオドラント

 

ワキガを注意するかどうか

 

ワキガと言うのは本人が気付いていないことがあります。
そして、あまりにも強烈な臭いを発することになりますから、しばしば周りに迷惑をかけることがあります。
自分がそうであり、対策をする、というのはともかくとして、人に注意することは相当に困難であるといえます。やはりその人を傷つけてしまうことがあるからです。
ですが、本当に周りに迷惑になる可能性は高いですから、それとなく指摘するべきです。
そもそもワキガであることを自覚していないので対策をしていないだけであり、対策が出来ていればかなり臭いが抑え込めるレベルの人もいるわけです。
その為、注意をしたほうがよい時もありますし。かし、面と向って、ワキガに注意してくださいというわけにもいかないのが難しいところです。
これは本当に正解ということがないのでそれとなく話をそちらに向けるとよいです。例えば、ワキガであることをチェックする項目があるのですが、自分がやってみたことをアピールしつつ、そのチェックの仕方を教えたりします。それで自分で気付いてくれる可能性が出てきます。人間関係も影響してきますから、かなり慎重に相手がワキガであることを伝える必要があります。難しいでしょうが、周りのためでもあります。

このページの先頭へ