日本人と外国人のワキガの違い

日本人と外国人のワキガの違いってどこにあるの?
MENU

日本人と外国人のワキガの違い

世の中には、ひそかにワキガに悩んでいる人も多いと思います。私も、そのうちの一人なのですが、最近、そんな悩みがかわいくみえるような出来事がありました。それは、ある夏の猛暑の日。夕暮れに混雑した電車に乗ったことです。今まで経験したことのないような、凄まじい臭いが鼻をツンとつき、思わず、オエッとむせかえしそうになったのを覚えています。「なんだこの強烈な臭いは?」そう思い、鼻をおさえながら周りを見渡しました。

 

すると、何人かの肌の浅黒い堀の深い方々が乗っていました。国籍とかは不明ですが、日本人でないことだけは確かでした。日本では一度も嗅いだことのないような強烈な臭いで、耐えられなかったのですが、周りの人たちは、気を使っているのか、何も気づかないような様子で立っています。さすがにあからさまに移動するのは悪いので、電車が次の駅で止まったのを機に、降りるふりをして、さりげなく違う車両に移動しました。

 

他にもそういう人がいたかもしれません。そこで思ったことは、私が悩んでいるワキガの悩みなど、かわいいものだということでした。失礼な話かもしれませんが、外国人と日本人のワキガは、レベルが違うと感じました。もちろん、人種だけではなく、食べ物とか生活環境にもよるかもしれないですが、少なくとも、日本であそこまで臭う人は、ほとんどいないでしょう。制汗剤などである程度抑えられるレベルのワキガ体質の人であれば、そこまで神経質にある必要もないのかもしれません。

 

外人の体臭についての知恵袋

 

人工の匂いやアルコール分が好きではないので

ワキガ、まではいかなくても暑くなってくれば気になるのが、腋の汗の匂いですよね。それもまだ初夏、汗をかき慣れていないと言ったらおかしな言い方ですが、あまり汗をかいていない時期のほうが汗の匂いっていやに感じることがありませんか。

 

でも汗拭きシートの匂いが苦手だったり、肌が敏感でアルコール分が肌を荒らしてしまったり、そんな経験がある方もいるでしょう。
ではどうしたらいいのでしょうか、タオルで拭く程度ではまだ匂ってくる感じもする場合どうすれば?

 

私の場合、ハンドタオルにほんの少し重曹をつけて、軽く水を加えて絞ってビニール袋に入れて持ち歩いています。重曹には匂いを取ってくれる作用もありますし、アルカリ性なのでいい感じに汗の酸性を中和してくれるみたいです。

 

これでこまめに、トイレなどで腋の下をぬぐっています、かなりマシなような気がしますしお財布にも優しいので。
でも気を付けなくてはいけないのは、重曹には研磨作用もあると言うことです。なので本当に、ほんの少しだけ含ませておいて、吹く時もゴシゴシは拭かずにそっとぬぐう感じで使っています。

 

シートを使っていると何だか、自分の汗の匂いを消してます、と公言してるみたいですが。これだったら普通に、汗を拭いているだけって感じもして、ちょっと優越感も味わえるのでお気に入りです。

 

ワキガ対策に使ったデオドラント

このページの先頭へ